CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

やっちょんの【ザーぴゅー】

日々進化を追い求めるやっちょんの右脳系詩的ダイアリズム!
<< てがみ | main | [The Amazing Spide-man (Fastest Remake in the World) ] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
最後のイベント講演「福島で経験した原発被害を語る」来て下さい

やっちょんです。

30日よりフィリピンへ半年いくことに決まりました。
その後は尾道へ引っ越しをしてそちらを拠点にして活動を続けます。どうぞよろしくお願いします。

出発するといいながら、最後のイベントを何度もしてきましたが、これが本当に大阪最後のイベントになります。
大阪を離れる前に多くの人と今共有しておきたいことですので、ぜひいらしてください。そしてついでに僕にも会いに来て下さい。

アートやパフォーマンスの活動以外に去年の大震災後、1年を通して東北支援を行ってきました。
しかし、まだまだ残された問題は山積み。
特に福島では今後も原発の問題とは向き合っていかなければならない現状に益々不安な日々は続きます。
毎月行った天人元気届隊もバスツアーはこの1年を節目にいったん終了。
今後はまた違った形での東北支援、そして今後の様々な局面での我々が成すべき活動へと移行してゆくと思います。

今回、福島から大阪へ避難し大阪で福島県民を繋ぐために活動をされている遠藤さんをお招きし、福島の被災と現状などを中崎町にて語って頂くことになりました。

是非現地の方の生の声を聞きに来て下さい。

講演会
「福島で経験した原発被害を語る」

◎被災経験
 ・津波からの避難
 ・何が身を守ったと言えるのか?
 ・その後の被災地
 ・放射能からの避難
 ・被災地の生活・経済はどのように回っていたか

◎これまでの活動
 ・自身としての活動
 ・こうした状況を打開するために
 ・避難者が今、何を悩んでいるのか
 ・こうした状況に対処していくために

◎これから目指している点
 ・今後東北支援に必要だと考えること「人的交流の促進」
 ・福島フォーラムで目指す枠組みのモデル

【日時】
6月28日(木) 19:30〜 (開場は19:00〜)
参加費:500円(資料代・場所代) 予約は不要です

【場所】
AManTo天然芸術研究所 
http://tengei.atpk.jp/page_3
住所:大阪市北区中崎西1-1-18 Google Map
地下鉄谷町線「中崎町」4番出口でて最初の角を右(一方通行進入禁止の看板)に
曲がり徒歩30秒、右手に見えるツタの絡まった角の古い木造倉庫一階
向かいは15建てのマンション

【スケジュール】
19:00〜開場
19:30〜「福島県での被災体験」遠藤雅彦
20:30〜「遠藤さんの大阪での活動とこれからの課題・質疑応答」
21:00〜懇親会(参加費1000円 軽飲食あり)
22:00  終了

ゲストスピーカー:遠藤雅彦

2006年度 経済学部経済学科卒業 遠藤雅彦
家族構成     :祖父・母・長男(雅彦)・次男 父は昨年他界地震の時に居た場所:自宅(祖父・母・長男) 仕事場(
)
住所       :福島県いわき市平豊間字塩屋町19
自宅の前     :豊間海岸
被災状況     :住宅滅失 (流出)
 大阪へ自主避難
※自主避難者は東京電力が補償の対象外としている。
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/feature/kansai1308155431752_02/news/20111013-OYT8T00782.htm

被災前のご自宅


被災後のご自宅

 
| ダイアリズム | 16:51 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 16:51 | - | - |